うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

category: 絵短歌  1/19

【絵短歌】漫画

ご笑覧ありがとうございます。前回と同じくまた蛍と紫陽花ですが、今回は好きな漫画をイメージして描きました。『蛍火の杜へ』(緑川ゆき 白泉社)という作品です。人間に触れられると消滅してしまう儚い存在のギンと、毎年夏休みの間だけ彼に会いに来る少女・蛍の切ない物語なのですが、何度読んでも心臓を掴まれます。漫画、子供の頃は大人になったら読まなくなるものだと思っていました。すぐそばで父が読んでいたにも関わらず...

【絵短歌】蛍

ご笑覧ありがとうございます。1週間以上更新してませんでしたが、元気です。実は今回の作品の前に別の絵も描いていたのですが、好きな漫画のキャラクターのイラストなので、ここではなくpixivに投稿しました。もしご興味ある方は右側にあるプロフィール欄の【pixiv】のリンクからご覧ください。ちなみに『夏目友人帳』というアニメにもなっている漫画です。切ない話が多くて好きなのです。先の土曜日、そろそろ蛍が見られるかと、...

【絵短歌】海月

ご笑覧ありがとうございます。 まだ一桁の年齢の頃だったと思うのですが、砂浜に打ち上げられたクラゲを見て、妹と「ゼリーが落ちてる!」とびっくりしたことがあります。 幼いながらに、海にそんなものが落ちていること(しかもでかい)に不審を抱きつつも、誰かが落としたんだろうか、美味しそうだななどと思っていました。父親にクラゲだと教わり、刺されたことはあるので、拾わなくてよかったと安堵したのを覚えています。 ...

【絵&短歌】やっと

愛された魂だから囚われてやさしい夢だけ見せられている ご笑覧ありがとうございます。 この前、出かけた先でお昼を食べようということになり、「麺が食べたい!」と言って「そば・うどん」ののぼりの立っている店に入ったら、かれいの唐揚げ定食が美味しそうだったので迷わずそれを頼んだ瞬間、夫に「麺は?」とつっこまれました。かれいの唐揚げ美味しかったです。 唐揚げはさておき、やっと絵が完成しました。 これも短歌...

【絵&短歌】白昼夢

現実と夢の狭間で永遠の幸福だけを求めているのご笑覧ありがとうございます。今回は短歌なしのつもりで描いたイラストなのですが、短歌を添えたら一発でイメージが伝わるのではと思い、解説がわりに詠んでみました。2枚でひとつの作品で、もう1枚は一番下に載せてあります。前回の写真の親戚の子が遊んでいたときの楽しい光景をもとにしたのですが、なぜか描いている途中でダークな方向へ向かってしまい、完成したのを夫に見せたら...