うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

Top page  1/50
22
2018

hydrangea

CATEGORYフォト短歌
紫陽花 短歌 写真 雨音を濾過して残る濁点をhydrangeaはそっと食みおり



ご笑覧ありがとうございます。

今日パート先で海外のお客さんと会話せざるを得なくなり、朝から脳みそフル回転させました。
一ヶ月半前くらいに接客英語を学習できるスマホアプリを入れ、毎日ちょーーっとずつ勉強してるんですが、ちょーーっとずつでも役に立ったのでやっててよかったです。まあ、相手も英語圏ではなかったし、7割くらいは「Thank you」と「OK」で乗り切りましたが。

By the way、今回の短歌に入れた英単語「hydrangea」は紫陽花のことですが、語源はギリシャ語の「水の器」だそうで。なんだその詩的な語源はと思って使いました。
今日は天気がよくて暑かったです。


tag: フォト短歌  植物 

19
2018

だいじょうぶ

CATEGORYフォト短歌
あじさい 短歌 写真 だいじょうぶ?だいじょうぶだよてのひらに降り重なりし羽毛の微熱

ご笑覧ありがとうございます。

昨日の地震、関西圏の方は大丈夫だったでしょうか?
かくいう私も奈良県ですが、我が家はさほど揺れませんでした。震度5の地域からそう遠くはないのですが、地形のおかげでしょうか。
震源となった大阪をはじめ、揺れの大きかった地域には近しい親族や友人知人が多く、昨日は安否確認と情報収集で時間が過ぎていきました。幸い周りはみな無事で、そして自分も「奈良だいじょうぶ?」と心配してもらったりして、素直に嬉しかったです。

実は、今回の地震の一週間ほど前、軽いめまいが2度ほど起き、もしかしたら地震があるのかもと少し気にしていたのです。(なんのこっちゃという方はこちらをお読みくださいませ。)
大阪の前に群馬県で震度5があったし、よもやそんな近くでとは思わなかったのですが・・・けど熊本のときはめまいのめの字もなかったし、私が感知する予兆的なものって距離も関係しているのかもしれません。

で、もしまためまいがしたときは、このブログでお知らせしようかなあと。いつどこでとか全然わからないし、そもそも私が体調不良なだけの場合もあるかもしれませんが、何もなければそれはそれで問題はないし、今回めまいのおかげで地震の前に食料の備蓄とかを確認していたので、そういう防災意識を共有できればと思います。


tag: フォト短歌  植物 

17
2018

六月の

CATEGORYフォト短歌
短歌 紫陽花 写真 六月の花火は冷めて朝光があなたとわたしの距離を飽和す



ご笑覧ありがとうございます。
今回の短歌の「朝光」は「あさかげ」と読んでください。

先日、ひとりで大阪へ行ってきました。ホテル・ロッジ舞洲というところで、入場無料のあじさい展をやっているので撮りたくて。
舞洲はユニバーサルスタジオジャパンが近くにあって、そこへ行く人たちと同じ電車なのですが、平日なのにけっこうな賑わいで、なんかリア充な空気に気圧されました。目の前に大学生っぽい仲よしカップルと、横にやはり大学生っぽいかしましいグループがいましてね。若い人が元気なのはいいことなんでいいんですけど、でも大阪の電車内ってほんと賑やかだなあと・・・
今住んでる田舎はそもそも乗客が少ないし、東京は混んでても静かだし、ひとりで乗っててもどうということはないけれど、大阪はなんとなくさみしくなります。まあ今回は路線が路線だったからよけいにですが。

で、あじさい展。
やー、よかったです。無料じゃもったいないくらい見事でした。
私の写真でそれが伝わるかわかりませんが、そりゃみんな行くよねって思いました。
7月1日までやってるそうなので、よかったらぜひ。


DSCN1266-1.jpg



IMGP5017.jpg




IMGP5047.jpg




IMGP5272-1.jpg




IMGP5091.jpg




IMGP5153.jpg




IMGP5228.jpg


tag: フォト短歌  植物 

12
2018

水銀

CATEGORY絵短歌
イラスト 短歌 絵 最果ての水銀のうみ光ってるだれがボタンを押したんだろう



ご笑覧ありがとうございます。

久しぶりの絵短歌です。
短歌は、今年の2月に、北極圏の永久凍土の中に大量の水銀があるという記事を読んで詠みました。

水銀・・・言葉としてはなんとも詩的だなあと思います。
思い浮かぶのは、戦後の代表的な歌人である近藤芳美の「水銀の如き光に海見えてレインコートを着る部屋の中」という歌。
なんでこの人は部屋の中でレインコートを着るのかという若干わけの分からなさもありながら──これから外出するのに天気悪いから部屋で準備してるのではと私は解釈してますが──上句の「水銀」「光」「海」の組み合わせがもう。
自分が短歌を作ったとき、この歌を意識したわけではないのに、同じ語句が揃っている。先人の影響は強いです。

それにしても、記事では温暖化によって永久凍土がとけて有害な水銀が放出されるかも云々と書かれていたので、「だれが」とか言ってる場合じゃないのでしょうけども。
なにはともあれ絵を描くのはやっぱり楽しかったです。


tag: 絵短歌 

06
2018

長居植物園2

CATEGORYフォト短歌
229-ふるえだす

ご笑覧ありがとうございます。

前回に続いて長居植物園の写真です。
園内に4月から営業を始めたらしいレストハウス(カフェ?)があるのですが、お店の前がなんともいい感じでして。
木からシャンデリアがぶら下がってるとか、撮るしかないじゃないですか。

あと、暑かったのでミルクティーのソフトクリームをいただきましたがサイコーでした。



IMGP3953.jpg


IMGP3955.jpg



IMGP3973_2018060412595078c.jpg


IMGP3922.jpg


IMGP3929.jpg


tag: フォト短歌  植物