うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

Top page  30/47
02
2016

【フォト短歌】収集癖

CATEGORYフォト短歌
短歌 写真 落ち葉 あの秋を瓶詰にして送るからもう絶対に忘れないでね



ご笑覧ありがとうございます。

先週出かけた公園で、夫がカエデとイチョウを拾って持って帰ってきたので、水と一緒に瓶に詰めてみました。
日が経つにつれてカエデは少しずつ色が抜けている気がしますが、イチョウはあまり変化がなくきれいなままです。

最初、夫が上着のポケットいっぱいにカエデを入れているのを見たときは、それをいったいどうするんだと思いましたが、おかげでこうしてひとつの作品ができました。
ちなみに拾い集めた当人は、写真を撮るわけでも何か作るわけでもありません。
以前はどんぐりを拾っていたし、小学生男子が蝉の抜け殻を収集するのと同じで、おそらくそういう習性なのだろうと思われます。

べつにいいんですけどね、ただどんぐりは虫食いのがあったらしく、夫がそれをほじっていた翌日、ゴミだと思って掴んだのが小さな芋虫だったことがあるので、そういうのだけは本当に勘弁してほしいです。



tag: フォト短歌  植物   

30
2016

【絵短歌】年末行事

CATEGORY絵短歌
イラスト 短歌 絵 軽やかにわたしを通り過ぎてゆく春夏秋冬春夏秋冬


ご笑覧ありがとうございます。

早いもので、今年もあと1ヶ月を残すばかりとなりました。
12月はいつもほかの月よりさらに俊足で過ぎていくので、気分はもう年末です。

大晦日は実家で過ごすことが多いのですが、いつも年明けの瞬間は家族と一緒にNHKの「ゆく年くる年」を見ています。
あの番組はいつ0時になったかわからないせいか、「あけましておめでとう」の挨拶がなんとなくビミョーな感じになるんですよね。「あ、年明けてる」「あ、じゃあ・・・」「あけましておめでとうございます」という風に。

年明けをカウントダウンする別の番組だったら、「年明けた!」「あけましておめでとう!」とめでたさ全開で言い合える気がするので、できたら今度試してみたいと思います。


tag: 絵短歌  植物  人物 

28
2016

【絵短歌】ダークなギャラリー始めました

CATEGORY絵短歌
イラスト 短歌 絵 暗闇が嵐のように日常を揺らす今夜は遊泳禁止



ご笑覧ありがとうございます。

数日前、新しいギャラリーをtumblrにて開設しました。
当ブログで書いているような作品にまつわる小話などは一切なく、短歌の怪しい英訳を添えた陰鬱な作品(主にフォト短歌)を垂れ流すだけの陰鬱なギャラリーです。

今までこちらでも暗めの作品はたまに公開していたのですが、あまりここに暗い空気を持ち込むのは気が進まなかったのと、でもそういう作品も作りたいので、とりあえず場をわけることにしました。

100%自己満足のためのギャラリーなので、いつまで続けるかわかりませんが、もしご興味持たれましたら、下記リンクより覗いてみてくださいませ。
ちなみに、本日の絵短歌の別バージョンもあります。

Fleeting songs



tag: 絵短歌  人物  動物     

27
2016

【フォト短歌】穴場発見

CATEGORYフォト短歌
写真 短歌 カエデ 種 天使とて時には翼をはずしたく地上の何処かで遊んでいます

ご笑覧ありがとうございます。

先月末から今月は紅葉を求めてあちこち出かけたのですが、先日、買い物ついでに初めて行った観光地でもなんでもない公園が一番きれいでした。ほどよく人も少なくて、まさに穴場。
本日のフォト短歌の写真もそこで撮りました。

郷土資料館もあったので入ってみたら、残業中の事務所かという薄暗さで、見せ方とかももうちょっと上手くできるだろうと言いたくなるような雑さだったのですが、県の重要文化財の仏像とか意外なものが展示されていて、やっぱりもうちょっと頑張れと思いました。


以下、その公園の写真です。


杉村公園 紅葉

橋本市 杉村公園 紅葉

橋本市 杉村公園 紅葉

橋本市 杉村公園 紅葉

橋本市 杉村公園 紅葉



tag: フォト短歌  植物   

25
2016

【絵短歌】夜中の怪異

CATEGORY絵短歌
イラスト 短歌 絵 モノクロの時間に沈んでゆく君の白き肚へと幸福を投げ


ご笑覧ありがとうございます。

私は寝つきが悪く、しかも眠っていてもちょっとした物音などで目が開いてしまうことが多いのですが、そういうとき横を見ると、たいてい夫が布団からはみ出しており、そのたびに布団を掛け直してやります。
夏なら私も同様なのでわかるのですが、寒くなっても相変わらずで、でも暑いのか尋ねると、「寒い」と返ってくる。

どうやら我が家には、妖怪布団はがしがいるようです。


tag: 絵短歌  植物  動物