うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

tag: 植物  1/20

【絵短歌】ひさかたの

ご笑覧ありがとうございます。昨日は数十分おきにスマホが警報だのの情報をぴろんぴろん鳴らすので、不安な一夜を過ごしました川近くに住む奈良県民、ハザードマップを確認し、近所の親戚にも相談し、大丈夫だろうということで、避難勧告が出ましたが避難せず、結果何もなく(風も全然たいしたことなかった)朝を迎えました。ありがたや。川も氾濫はしませんでした。台風が去ってからも曇っていた天気が午後からよくなってきたので...

【絵短歌】THE 日本の秋

ご笑覧ありがとうございます。稲刈りの季節、日が傾く中、両脇に田んぼの広がる道を車で走っているときに詠んだ歌です。珍しく自分で運転していましたが、なぜかハンドルを握っているときはよく短歌が出来ます。イラストの参考にしたのはススキの写真で、修整を重ねたら原型がなくなりました。ミサイルだの噴火だの台風だの何だのと色々あって心がざわめきがちですが、せめて作品は静かに心を揺さぶるようなものを作れたらと思いま...

【フォト短歌】ラコリーナにて

ご笑覧ありがとうございます。夫が有休を取った今日、二人して昼まで寝て、夕方にも寝てしまいました。夜も普通に眠れそうな感じで、かなり凶悪な睡魔が憑りついているようです。近年、年のせいか体調が悪いと眠くなるので、季節の変わり目で何かがおかしいのかもしれません。ところで今日の写真、多分ツマグロヒョウモンという蝶々だと思うのですが、翅にハートの模様があったので撮ってみました。こういう自然界で時々見られるハ...

【フォト短歌】年齢

ご笑覧ありがとうございます。今回の短歌は、学生時代にクラスメイトだったNちゃんを思い出して詠んだ歌です。永遠の17歳だと言っていた彼女、会いたいような、思い出のままにしておきたいような。最近、自分が童顔だからか、芸能人や初対面の自分と近い年齢の人を見たときに、「この人と同年代なのか」と驚くことがあります。普段はほとんど自覚しないけれど、もう立派な中年なんだなと。子供の頃は、大人というのはきちんと大人...

【フォト短歌】子守唄からの

ご笑覧ありがとうございます。雨が降った昨日、布団の中で短歌を作ったのですが、できた直後に夫の寝息がいびきに変わり、ララバイがアラームになりました。そして今朝、ぼったくりタクシーに乗ってしまい運転手と口げんかする夢の中で旗色が悪くなったときに運よく目が覚め、外を見たら霧が出ていたので、これはチャンスと朝6時過ぎからカメラ片手に外へ。本当は雨上がりがよかったですが、昨日撮れなかったので、朝露に濡れた彼...