うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

category: 絵短歌  1/21

【絵短歌】もの思う秋

ご笑覧ありがとうございます。今朝の空がいい感じの秋空で、こんな日は散歩がてら写真撮りに行きたいなと思ったものの、夕べ夫が残業で帰宅したのが午前1時を回っていたので、私も当然寝不足で、気づいたら寝ていました。ここのところずっと夫は仕事が忙しく、日付が変わって帰宅することも珍しくはありません。そのたびに私は、ちゃんと正しくタイムカードは記載しているのかと訊くのですが、以前の部署では遠慮していた夫も、今...

【絵短歌】戻ってきた

ご笑覧ありがとうございます。前回書いた失くした毛抜き、戻ってきました。怖ろしいことに、失くなったとき真っ先に確認し、その後も3日ほど毎日見ていた場所に置いてありまして。見つかるとしたら、なんでこんな所にと思うような場所にあるんだろうなとは予想していましたが、まさかの「こんな所に」でした。そんなわけで、やはり神隠し以外には考えられないのですが、もし脳の異常とかだったらと思うとぞっとします。小さいおっ...

【絵短歌】神隠し

ご笑覧ありがとうございます。眉毛の手入れに使っている毛抜きがなくなりました。いつも洗面所の決まった場所に置いてあり、使い終わったら即片づけているはずなのに、なぜかありません。考えの及ぶところは探しましたが見つからず、これはもうほんと、神隠し以外に考えられない。一応予備があるのでなんとかなるのですが、これがなかったら大変でした。私、眉毛が濃いもので。でも予備は使い心地がイマイチなので、できれば出てき...

【絵短歌】逃げるのは悪いことじゃない

ご笑覧ありがとうございます。久しぶりに絵短歌を描きました。どちらかというと陰鬱ギャラリーの方に上げるべきかもしれませんが・・・去年も書きましたが、夏休み明けの前後に子供の自殺が多いという件について、元不登校児が今年も書きます。(私の事情に関してはこちらをどうぞ。)私には子供がいませんが、子供がいて当然の年齢になって思うことは、あの頃は親も大変だっただろうなということです。いや、本当は当時も分かって...

【絵短歌】暑中お見舞い申し上げます

ご笑覧ありがとうございます。前々回、絵短歌はしばらくお休みするかも~と書きましたが、描きたいときは描きます。簡単なものですが、暑中見舞いということで。昨日、昼食を食べ終わったくらいから近所の子供たちが遊ぶ声が聞こえて、いつもは夕方に騒ぎ出すのにやけに早いなと思っていましたが、夏休みなんですね。もう1学期が終わったとは・・・今の子も夏休みの宿題はあるんでしょうか。私が小学生のときは「夏休みの友」とい...