うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

category: 短歌  1/2

【短歌】夏だから

ご笑覧ありがとうございます。麦わら帽子の、編まれたわらの隙間から、光が点々と差す。その光景が好きだったのか、ただ帽子を顔にはめるのが好きだったのかわかりませんが、子供の頃、帽子を持つたびにそんなことをしていた記憶があります。今はしません。化粧が落ち、帽子も汚れますのでね。このところフォト短歌が少ないのは、たんに写真を撮っていないからなのですが、しばらく絵短歌も減るかもしれません。短歌は作るし、写真...

【短歌】懐かしの

ご笑覧ありがとうございます。今回の短歌はけっこう昔に詠んだものなのですが、わりと気に入っている一首です。ビックリドッキリメカをご存知ない方はいらっしゃるでしょうか? アニメのタイムボカンシリーズ(1975年~)の2作目「ヤッターマン」において、敵に追い詰められたときの切り札として犬型ロボットの中で大量生産され、完成後は規則正しく一列になって犬の口から登場する、ビックリでドッキリな小型メカのことなんです...

【短歌】台風注意

ご笑覧ありがとうございます。7月4日午前11時現在、台風のおかげか風が涼しいです。とか言っている場合ではなく、ベランダの植木やら何やらを今のうちに避難させておきました。災害はこちらの油断をついてきますからね(経験者談)。皆さまもお気をつけください。天気が天気なので、過去に詠んだ中からちょっとでも明るくなりそうな短歌を選んでみました。無事に台風が過ぎてくれますように。...

【短歌】フォトブック

ご笑覧ありがとうございます。春先に亡くなった友人のご家族に、自分たちの持っている写真をお送りしようと、仲間内で唯一無職である私がフォトブックにする作業をしているのですが、写真の中の元気な姿を見ていると、なんでこんなことしてるんだっけという不思議な気持ちになります。かといって、動画なんかを見返した日にはぼたぼた泣いてしまい、自分で引き受けたもののけっこうしんどいものだなと若干後悔したりして。遺族とな...

【短歌】初夏の野

ご笑覧ありがとうございます。先日、色んな花が咲き乱れる川沿いの土手を散歩していたら、そこかしこからパチパチと泡が弾けるような音が聞こえました。姿は見ていないけれど、多分ショウリョウバッタじゃないかと思います。今回はフォト短歌にしようと思いましたが、これという写真が撮れなかったので久々に短歌オンリーにしました。でもせっかくなので写真も載せます。よかったらどうぞ。...