うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

archive: 2016年08月  1/2

【絵短歌】振り返ってみました

ご笑覧ありがとうございます。本日の短歌は、某SNSで交流のある方からいただいたコメントの中に「夏の感触」という言葉がありまして、それがとてもいいなあと思ったので拝借して詠んだものです。そしてイラストのライオンは、着色したらあまりわからなくなってしまいましたが、ペイントソフト(CLIP STUDIO)の鉛筆ツールと指先ぼかしツールを使用して描いてみました。昔はよくアナログのシャープペンシルで写真を模写したりしたも...

【絵短歌】思いどおりにならない

ご笑覧ありがとうございます。本日の短歌は、浮気は夢の中だけにしとこうねという歌です(意訳)。小学生の頃、めちゃくちゃホラーな夢を見て、夢の中で腰を抜かしたことがあります。現実では一度も経験していないにもかかわらず、その感覚を知っているというのは、なんだか少し不思議な感じがします。大人になった今では、たまに夢をコントロールできるときがあります。例えば、どこぞの悪の組織的な輩に追われているとき、「これ...

【絵短歌】羊と台風

ご笑覧ありがとうございます。眠れない夜に羊を数えてみたら、あの横長の瞳孔を思い出して怖くなったことはないでしょうか?本日の短歌は、まあそんな歌だと思っていただければ(後付け)。昔、六甲山牧場に行ったとき、後ろの方でおじさんが羊の鳴きまねをしているなあと振り返ったら、それがおじさんではなく羊でびっくりしたことがあります。今回気になって「六甲山牧場 羊 おじさん」で検索してみたら、似たようなことが書か...

【絵短歌】数学音痴

ご笑覧ありがとうございます。本日の短歌は、以前ラジオか何かで、数学者が数式の美しさについて語っているのを聞いて詠んだものだったと思います(若干曖昧)。私自身は作品中に描いた数式がひとつも理解できない人間なので、「数式は美しい」という言葉は衝撃的でした。数学は本当に苦手です。小学1年生の時分に、足して10になる計算の虫食い算がわからず、というか、問題を前に何をしたらいいのかさえわからず、とにかく当てず...

【絵短歌】酔いどれトランペッター

ご笑覧ありがとうございます。記事タイトルと絵短歌作品にまったく関連性がなくて申し訳ありません。家の近くに田んぼがあるため、最盛期にはカエルの大合唱が夜通し流れます。おかげで夜中に目が開いてしまうとしばらく寝付けないのですが、どうせ眠れないならと作ったのが今回の短歌です。少し前に詠んだもので、今はもう秋の虫が鳴いているのでやや季節はずれなのですが、カエルを描きたくてこれにしました。なぜカエルかという...

【絵短歌】世間七不思議.2

ご笑覧ありがとうございます。故郷から直線距離にして約190kmほど離れた場所に住みながら、いまだに行きつけのヘアサロンは実家近くのお店です。髪を切るためだけに新幹線に乗れるようなセレブではないので、年3回くらいしか切っていません。といっても、元々それほどマメに切る方ではなく、ひどいときは半年に1回しかヘアサロンに行かなかったこともあるので、私としてはまあそんなもんだろというところです。会社勤めをしていた...

【絵短歌】小心者の杞憂

ご笑覧ありがとうございます。 地元にいたときはそうでもなかったのですが、転勤になり東京で会社勤めをしていた頃は、忙しさが増したせいで月曜日が憂鬱でした。そのためその対処法として、よく好きなアーティストの音楽を聴いて通勤していました。 ですが、東京へ行く前はあまり外で音楽を聴いたりしなかったので、イヤホンデビューするのに多少の勇気がいりました。小心者ゆえに、慣れないことをするときは本当にこれでいいのだ...

【絵短歌】世間七不思議.1

ご笑覧ありがとうございます。 いつもは短歌が先にあって、そこから絵を考えるのですが、今回は逆になりました。 中央のドレスは、学生時代に美術サークルに入っていたときに作った作品の一部で、元は布と針金です。 先日実家に帰省した折に発掘したのですが、背景のやっつけ感がハンパない出来で、ちょっとリメイクしたくなったのです。 ちなみに元の作品がこちら↓ さすがに、年2回しかまともに作品を制作しない同好会の一...

【絵短歌】花火花

ご笑覧ありがとうございます。たまに、たまーにですが、創作意欲が爆発して、一度にたくさんの短歌を作ることがあります。(たくさんといっても、私の場合せいぜい5、6首程度なのですが。)そういうときは頭の中に言葉がわーっと湧いてきて、それをクマが鮭を取るごとく、ばしゃんばしゃんと捕まえていくような感じです。普段は頭をぐりぐりひねりながら言葉を探すので、勝手に言葉が湧いてくるというのは、私にとってはすごいこと...

【絵&短歌】遠きにありて思ふもの

年ふれど変わらぬものがあるゆえに故郷は故郷のまま我を待つご笑覧ありがとうございます。先週、地元に帰省していたこともあり、今日は我がふるさと、静岡県は浜松の銘菓を描いてみました。個人的浜松銘菓トップ3です。左側の「うなぎパイ」は、すでに知名度は全国区と信じているので多くは語りませんが、私が学生のとき、他県の先輩に「似たようなパイは色々あるけど、うなぎパイが一番おいしいと思う」と言わしめた実力派です。...