うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

archive: 2017年03月  1/1

【フォト短歌】サクラサク

ご笑覧ありがとうございます。夫の実家の裏にある啓翁桜が咲いていました。周辺の農家では梅を作っているところも多いので、毎年梅の花も楽しむのですが、やはり花の数が多い分、桜の方が華やかに見えます。梅干しは好きです。今月は出かけた先でたくさん花の写真を撮ったので(というかそのために出かけたのですが)、まとめて上げておきます。よかったらご覧ください。3月19日淡路島・奇跡の星の植物館・あわじ花さじき(菜の花...

【フォト短歌】虹

ご笑覧ありがとうございます。 三月は別れの季節、忘れたくない、忘れてはいけないことが色々あるなあと思いつつ自転車を漕いでいたら、通りかかった家の軒下にCDが揺れていました。鳥よけ用だと思うのですが、あれは果たして効果があるのでしょうか。 よい春を。...

【フォト短歌】歌集と整形外科

ご笑覧ありがとうございます。先日、右手を診てもらうために再び整形外科を訪れました。平日の午前中、年配の方々のサロンのような待合室で待つこと一時間以上。おしゃべりに花を咲かせるおじいさんおばあさんに挟まれながら、持参していた読みかけの歌集を全部読み切りました。読んだのは『砂丘律』(千種創一著/青磁社)という2015年に出版された歌集で、中東に暮らす著者が「事実ではなく真実を歌おうと務めた」歌の数々が収め...

【フォト短歌】怖いかもしれない話

ご笑覧ありがとうございます。先日のこと、リビングのソファに座ってうたたねをしていたら、久しぶりに金縛りに遭いまして。(以前にも書いたのですが、寝ていると時々そういうことがあります。)あーやだなーと思っていたら、ベランダ側の壁から人影らしきものがスッと現れ、そのまま真っ直ぐ私のいるソファの後ろを通り過ぎていくではありませんか。それは私には見向きもせず、一直線に玄関の方へと向かっていったかと思うと音も...

【フォト短歌】なかなか

ご笑覧ありがとうございます。手根管症候群と診断された右手にまだ「よくなってきた!」という感触がないので、今日もまたフォト短歌になりました。(※今回、文章は作品となんの関係もありません。)手をあまり使わないようにと、家事をする以外はおとなしく小説を読んだり漫画を読んだり歌集を読んだり短歌を詠んだりとよんでばかりなのですが、先週からあまり変化がありません。そういえば少し前に京都の有名な神社で引いたおみ...

【フォト短歌】花三昧

ご笑覧ありがとうございます。先日、雨上がりにごみを出しに外へ出たら、わりと強烈な甘い匂いが鼻を突き、ああ春が来たんだなと実感しました。たぶんあれは沈丁花だったかもしれません。その分野は疎いので定かではないですが。今回の写真は、夫の実家からもらった沈丁花を家で撮影してみたものです。ここ何日か、右手ばかりか左手もなんだか怪しい様子なので、絵を描くのはしばらくきちんと休もうと思い、代わりにカメラで遊んで...

【フォト短歌】子供か

ご笑覧ありがとうございます。先日、私が夕食の支度をしている最中、疲れていたらしい夫が寝室へ入っていきました。キッチンと寝室が近く、扉が開けっ放しだったので、しばらくすると何やらお菓子の袋を開けるような音が聞こえてきました。布団の中での飲食はしてほしくなかったため、キッチンから「お菓子食べてないよねー?」と声をかけました。「食べてないよ」と返答がありました。その後、入浴前に着替えを取りに寝室へ行くと...

【絵短歌】テーピング

ご笑覧ありがとうございます。人間、やってはいけないこととなると俄然やる気になるのは何故なのでしょうか。右手を痛めたので絵を描くのも控えようと思ったのですが、描きたい欲求があふれて仕方ないので左手で描きました。(普段と横顔の向きが逆なのはそのためです。)利き手と逆の手だと、変な癖がついていないので鉛筆は自然と正しい持ち方になるし、描きたい絵のハードルが下がる分満足度が上がりますね。ただ利き手より集中...