うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

archive: 2017年09月  1/2

【お知らせ】マンガのようなもの続き公開しました

No image

ご笑覧ありがとうございます。マンガのようなもの、続きを公開しました。次回で完結です。よろしくお願いします。...

【フォト短歌】子守唄からの

ご笑覧ありがとうございます。雨が降った昨日、布団の中で短歌を作ったのですが、できた直後に夫の寝息がいびきに変わり、ララバイがアラームになりました。そして今朝、ぼったくりタクシーに乗ってしまい運転手と口げんかする夢の中で旗色が悪くなったときに運よく目が覚め、外を見たら霧が出ていたので、これはチャンスと朝6時過ぎからカメラ片手に外へ。本当は雨上がりがよかったですが、昨日撮れなかったので、朝露に濡れた彼...

【お知らせ】マンガのようなもの公開しました

No image

ご笑覧ありがとうございます。2ヶ月以上も前に描きますと宣言したマンガのようなもの、上記のとおりまずは前編を公開しました。イラストをクリックしていただければ公開先に飛びますので、そこにある「この本を開く」ボタンを押してお読みください。中学~高校くらいの頃、漫画家という職業に憧れていた時期がありました。NHKでやっていた里中満智子さんが講師の「少女コミックを描く」という番組を妹とふたりで熱心に見たり、道具...

【フォト短歌】虫

ご笑覧ありがとうございます。家の前の空き地に今年は彼岸花がたくさん咲いていて、種ができないその花が、いったいどこから来たのだろうかと首をひねっています。去年まではなかったのに。で、野っぱらでひとりパシャパシャやっていたところ、ふと足元を見ると黒い虫がうごめいていて、久しぶりに見たコオロギだったのですが、一瞬ゴキかと思い「ひぃ」となりました。小学生の頃は秋になると毎日のように採集し、手にいっぱい掴ん...

【フォト短歌】飛鳥

ご笑覧ありがとうございます。毎年、奈良県明日香村で開催される「飛鳥 光の回廊」を見に行ってきました。カメラマンが大勢いて、自分もそのひとりではあったけれど、気づいたら周りを三脚で囲まれていたりして怖かったです。「光の回廊」は今回初めて行きましたが、いつもは料金を払うところがすべて無料になっていて、嬉しいけど正直「もったいねえ!」と思いました。人は大勢来ているのに、駐車場もお寺も全部タダ。京都、大阪...

【フォト短歌】嵐の夜に

ご笑覧ありがとうございます。台風直撃の3連休、皆様のところは大丈夫だったでしょうか。私は実家で法事があったため浜松へ帰省していましたが、浜松は夜中に台風が通過していくいつものコースでした。でも実家は以前、昼間に台風の襲来があったときに、向かいの家の屋根瓦の集中砲撃を受けてかなりの被害を負ったことがあるので、私は厳戒態勢で昼の内から自分が寝る部屋のシャッターを閉めてました。で、夜いよいよ雨風が強くな...

【絵短歌】もの思う秋

ご笑覧ありがとうございます。今朝の空がいい感じの秋空で、こんな日は散歩がてら写真撮りに行きたいなと思ったものの、夕べ夫が残業で帰宅したのが午前1時を回っていたので、私も当然寝不足で、気づいたら寝ていました。ここのところずっと夫は仕事が忙しく、日付が変わって帰宅することも珍しくはありません。そのたびに私は、ちゃんと正しくタイムカードは記載しているのかと訊くのですが、以前の部署では遠慮していた夫も、今...

【絵短歌】戻ってきた

ご笑覧ありがとうございます。前回書いた失くした毛抜き、戻ってきました。怖ろしいことに、失くなったとき真っ先に確認し、その後も3日ほど毎日見ていた場所に置いてありまして。見つかるとしたら、なんでこんな所にと思うような場所にあるんだろうなとは予想していましたが、まさかの「こんな所に」でした。そんなわけで、やはり神隠し以外には考えられないのですが、もし脳の異常とかだったらと思うとぞっとします。小さいおっ...

【絵短歌】神隠し

ご笑覧ありがとうございます。眉毛の手入れに使っている毛抜きがなくなりました。いつも洗面所の決まった場所に置いてあり、使い終わったら即片づけているはずなのに、なぜかありません。考えの及ぶところは探しましたが見つからず、これはもうほんと、神隠し以外に考えられない。一応予備があるのでなんとかなるのですが、これがなかったら大変でした。私、眉毛が濃いもので。でも予備は使い心地がイマイチなので、できれば出てき...

【フォト短歌】後日談

ご笑覧ありがとうございます。今回の短歌、なんとなく色気のある感じになりましたが、全然そういう方面ではなくてですね。前回書いたことのその後にあったことも、せっかくなので記しておこうと思います。前回は私が小学校時代に不登校児だったことと、それに関して少々母親のことも書いたのですが、その母、私が1年以上も小学校を休んだにもかかわらず無事卒業して中学へ進学したことで、ほっとし過ぎたのか精神のバランスを崩し...