うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

31
2017

【フォト短歌】六甲山

CATEGORYフォト短歌
六甲ガーデンテラス 写真 短歌 燃え盛るさいごの太陽閉じこめてやがてエンドロールは流れて


ご笑覧ありがとうございます。

先週末、神戸は元町の中華街に行きました。
春節祭をやっていたので、それを見たいと夫が言ったからなのですが、行ってみたら人が多すぎて、小柄な私は人の頭しか見えず、正直つまらないと思っていたら夫がそれを察し、早々に「帰るか」となりました。来年は一人で行ってくれるそうです。

神戸に着いた時間が遅めだったため私が行きたいと言った動物園も閉園間近で、仕方なく六甲山の北側を通るルートで帰ろうとしたところ、六甲山には観光スポットがあることに思い至り、立ち寄ってみました。

行ってみたらなんと、けっこう雪が残っていて、私のテンションは右肩上がり。
まだクリスマスツリーらしきものもあって、下では旧正月を祝っているというのに季節感がよくわからない状態でしたが、とにかく写真を撮って楽しく過ごしました。(夫は寒いからと先に車に戻っていました。)

そんなわけで本日は、早くも1年の12分の1がエンディングを迎えようとしている中、そこで撮影した夕日をフォト短歌にしてみました。
最近更新が少ないですが、来月もどうぞよろしくお願いいたします。


P1070931.jpg


IMGP0271.jpg


P1070950.jpg


IMGP0324.jpg


P1080005.jpg




tag: フォト短歌   

0 Comments

Leave a comment