うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

16
2017

【フォト短歌】

CATEGORYフォト短歌
イスタンブール 写真 短歌 針痕を剥けば溢るる夕焼けのごときくれなゐ美しき夜


ご笑覧ありがとうございます。

パートタイマー労働初心者、最低賃金なのに高いレベルの要求に日々四苦八苦しております。
近所の縫製工場で働き始めてから一週間経ちましたが、毎日ばんそうこうを最低3枚は消費していて、いかにも労働者っぽい手になってきました。この手でみかんとか剥くと、もはやセルフ拷問です。

職場では自分の周りがすべてベテランさんで、常に観察されているため変に緊張してしまい、ぎこちない動きがさらに怪しくなり、もたついていると「何してんの」とダメ出しされるという・・・
これでも必死でやってるんですけど? と心の中で悪態つきつつ、ベテランさんたちも一所懸命教えてくれているのは分かるので、なんとか食らいつこうと頑張っております。


話は変わりますが、今回使った写真は、約1年半前に訪れたトルコのイスタンブールで撮影したものです。
私が今まで撮った中では、これが一番きれいな夕焼けの景色かもしれません。
イスタンブール・・・できるならもう一度行きたい街のひとつです。



tag: フォト短歌    夕焼け 

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/26 (Sun) 10:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment