うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

02
2017

【絵短歌】テーピング

CATEGORY絵短歌
イラスト 短歌 絵 指先に生まれた星の砂粒に拘束されている朝焼けの中


ご笑覧ありがとうございます。

人間、やってはいけないこととなると俄然やる気になるのは何故なのでしょうか。
右手を痛めたので絵を描くのも控えようと思ったのですが、描きたい欲求があふれて仕方ないので左手で描きました。(普段と横顔の向きが逆なのはそのためです。)

利き手と逆の手だと、変な癖がついていないので鉛筆は自然と正しい持ち方になるし、描きたい絵のハードルが下がる分満足度が上がりますね。ただ利き手より集中力を必要とするので、あまり長い時間はできなさそうです。

ところで、先日夫に右手をテーピングしたらいいんじゃないかとアドバイスされたのですが、テーピングとか自分でしたことがないのでテープも巻き方もよく分からないと言ったところ、「腱鞘炎になったときにガムテープでぐるぐる巻きにしてたことがあるけど、専用のテープより安定感があってよかった」とさらに助言されまして。
ガムテープなんか嫌だとそのときは拒否したのですが、今日になってなんとなくやってみようかという気分になり、薄めの手袋の上から手首をガムテープで巻いてみました。

うん・・・確かに安定感はあると思うのですが、やっぱり見た目がひどい。とても人には見せられない。
あと、巻き方にもよるのかもしれませんが、指先がひんやりしてきた気がしたのですぐに外しました。
ちゃんとしたサポーターを買おうか悩み中です。



tag: 絵短歌  人物 

0 Comments

Leave a comment