うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

04
2017

【フォト短歌】子供か

CATEGORYフォト短歌
梅 写真 短歌 桃色の小さな嘘の証明を見つけて朝の陽だまりに置く


ご笑覧ありがとうございます。

先日、私が夕食の支度をしている最中、疲れていたらしい夫が寝室へ入っていきました。
キッチンと寝室が近く、扉が開けっ放しだったので、しばらくすると何やらお菓子の袋を開けるような音が聞こえてきました。布団の中での飲食はしてほしくなかったため、キッチンから「お菓子食べてないよねー?」と声をかけました。
「食べてないよ」と返答がありました。

その後、入浴前に着替えを取りに寝室へ行くと、夫の布団の横にイチゴの絵の描かれたお菓子の袋の切れ端が落ちていました。
「食べてたんじゃん!」とそれを見せても、夫は「食べてない」と言い張りました。
疲れている人をあまり問い詰めるのもかわいそうなので、それ以上追及するのはやめておきました。

そして翌朝、夫が出勤した後に布団を上げようと掛布団を持ち上げると、またしてもイチゴ柄の切れ端が。
絶対食べてただろと思いました。

子供の頃、自分も似たような嘘をついたときに何も言われなかったけれど、きっと親にはバレていたんだろうなと確信した朝でした。


tag: フォト短歌  植物 

0 Comments

Leave a comment