うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

17
2017

【フォト短歌】梨花

CATEGORYフォト短歌
梨 写真 短歌 散る花に手をふるように梨花はゆれ月の下にて春を引き継ぐ


ご笑覧ありがとうございます。

奈良県吉野郡大淀町というところで、町の花である梨の花を広めるプロジェクトが展開されていて(詳細はこちらのサイトをどうぞ)、その本拠地である大阿太高原の「梨花園」で梨の花のライトアップをしていたので出かけてきました。(※ライトアップは4/16で終了しております。)

梨の実はおなじみだけど花はよく知らないという方が多いと思いますが、私もつい数年前までは気にしたこともありませんでした。
梅、桃、桜と続いたあとに梨花は咲くのですが、前3種に比べて梨花の知名度、認知度の低さはなにゆえか。
・・・臭いんですよね、梨の花って。栗の花に似ているらしいです。私は栗の花のにおいを知らないのですが。(※梨花園には臭わない梨もありました。)

桜ははかないイメージだけど、梨花は形は似ていてもなんとなくたくましさを感じます。
花言葉は「愛情」。
桜のあとに春を引き継ぐ花として、今後も愛でていきたいと思います。


P1080688.jpg



IMGP3458.jpg

IMGP3551.jpg

IMGP3519.jpg

IMGP3498.jpg

梨灯りのほか竹灯りもありました。

IMGP3485.jpg


IMGP3599.jpg


tag: フォト短歌  植物     

0 Comments

Leave a comment