うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

14
2017

【短歌】夏だから

CATEGORY短歌
短歌 夏休み麦わら帽子を顔にはめこっそり嗅いだ太陽の粒



ご笑覧ありがとうございます。

麦わら帽子の、編まれたわらの隙間から、光が点々と差す。
その光景が好きだったのか、ただ帽子を顔にはめるのが好きだったのかわかりませんが、子供の頃、帽子を持つたびにそんなことをしていた記憶があります。今はしません。化粧が落ち、帽子も汚れますのでね。


このところフォト短歌が少ないのは、たんに写真を撮っていないからなのですが、しばらく絵短歌も減るかもしれません。
短歌は作るし、写真も機会があれば撮るので、ブログの更新はしていきたいと思いますが、絵は、今ちょっとほかに描きたいものがありまして。マンガのようなものなんですが。

どうも私は、特に夏に創作意欲が活発になるようです。新しいことをしたくなる。
頭の中に無性に描きたい物語があって、アウトプットするしかない状態なので、しばらくはそれに手を使おうかと。もちろん完成した暁には、ちゃんと公開しようと思います。

というわけで、絵短歌が楽しみでこれを見てくださっている方がいらっしゃいましたら、すみません。飽きたら絵短歌描きますので、しばしお待ちいただければ幸いです。




tag: 短歌   

0 Comments

Leave a comment