うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

24
2017

【フォト短歌】カエデ三昧

CATEGORYフォト短歌
写真 短歌 カエデ 大空へ解放される時を待つ命は燃ゆる羽を開いて



ご笑覧ありがとうございます。

奈良県に、1200種類のカエデを育てている〈カエデの郷ひらら〉という所があるのですが、自由に見学ができるということで行ってきました。「これカエデ違う」と思うものも多くて面白かったです。

そこのスタッフさんが教えてくれたところによると、カエデというのは形質が変化しやすいらしく、同じ種類の種なのに育ててみたら全然違う形になったりとか、育てていくうちに形が変わったりとか、気まぐれでわがままな植物のようです。
あとカエデの種って、通常は羽を持つ翼果が2個くっついた形になっていますが、今回初めて3枚のプロペラを見ました。ほんと自由です。

もともと小学校の校庭だった(と思われる)場所にカエデが植えられているのですが、木造の校舎はそのままレトロな建造物として残されており、カフェも併設されているのでわりと楽しめます。

その後、夫が近くにある龍穴神社へ行きたいというので行ってみましたが、道すがら突然ものすごいどしゃ降りの雨に見舞われました。さすが竜神のおわす神域。歓迎されてるのか帰れと言われてるのか悩むところですが、とりあえず行ってみると、しばらくしたら止んだので写真も撮りました。けっこうなパワースポットらしく、なんとなく神聖な感じでした。なんとなく。


以下、カエデとか旧小学校とか神域とかです。



IMGP2780.jpg




IMGP2821.jpg




IMGP2865.jpg




IMGP2952.jpg




IMGP3050.jpg




P1090003.jpg




P1090020.jpg




P1090021.jpg




P1090022.jpg




P1090047.jpg

tag: フォト短歌  植物 

0 Comments

Leave a comment