うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

20
2017

【フォト短歌】嵐の夜に

CATEGORYフォト短歌
短歌 写真 いつの間にひとりになった箱の中流れる光はやさしいままに



ご笑覧ありがとうございます。

台風直撃の3連休、皆様のところは大丈夫だったでしょうか。
私は実家で法事があったため浜松へ帰省していましたが、浜松は夜中に台風が通過していくいつものコースでした。
でも実家は以前、昼間に台風の襲来があったときに、向かいの家の屋根瓦の集中砲撃を受けてかなりの被害を負ったことがあるので、私は厳戒態勢で昼の内から自分が寝る部屋のシャッターを閉めてました。

で、夜いよいよ雨風が強くなり、本格的に嵐の様相になってきた頃に就寝しようとしたところ、どこからかものすごい隙間風の音が聞こえまして。
「これ絶対どこか開いてる!」と部屋から飛び出すと、となりの部屋にいた妹夫婦も出てきて、残るは父の部屋だけだったのでドアを開けてみたら、案の定窓が全開でしたね。
父は酔っ払って、座椅子で座ったまま眠っていました。これがまた絶妙な位置で、床に水たまりができるくらい雨が降りこんでいるのに、父には一滴もかかっていない。

翌朝聞いたところでは、夕食の間は窓を閉めていたけれど、部屋に戻ってから開けてしまったようです。台風が来ると分かりきっているのに、酒に飲まれた酔っ払いは何をやらかすやら分かりません。
ちなみに毎回、実家を出るときの父への挨拶は「飲みすぎないようにしてよ」です。

今回の写真は、浜松から奈良へ戻るときに乗った電車で、いつの間にか貸切車両になっていたので撮ったものです。
平日昼間、新幹線は混んでいたのにな・・・


tag: フォト短歌 

0 Comments

Leave a comment