うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

25
2017

【フォト短歌】飛鳥

CATEGORYフォト短歌
短歌 彼岸花 写真 朱い火が君の行先照らすからふり返らないでまた会う日まで



ご笑覧ありがとうございます。

毎年、奈良県明日香村で開催される「飛鳥 光の回廊」を見に行ってきました。
カメラマンが大勢いて、自分もそのひとりではあったけれど、気づいたら周りを三脚で囲まれていたりして怖かったです。

「光の回廊」は今回初めて行きましたが、いつもは料金を払うところがすべて無料になっていて、嬉しいけど正直「もったいねえ!」と思いました。人は大勢来ているのに、駐車場もお寺も全部タダ。
京都、大阪、東京と、どこへ行ってもお金がかかる都会に暮らした経験者としては、もう少し商魂を鍛えてもいいのではと心配になりました。

手作り感のあるイベントなので、村の住民総出のボランティアで準備や片づけをするのではないかと思うのですが、それにしたってお金はかかるはず。せめてカンパ制にしたら、いくらか払うのになあ。
お金があれば発展させることができるわけで、もっといいものになれば人もさらに来てくれるだろうし。

奈良に暮らして3年目、関西において最も商売っ気のない県民性だなと思うことはしばしばです。
まあ、嫌いじゃないけど。


飛鳥 光の回廊 岡寺 写真


飛鳥 光の回廊2017 写真



飛鳥 光の回廊2017 写真



飛鳥 光の回廊2017 写真

tag: フォト短歌  植物   

0 Comments

Leave a comment