うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

23
2017

【絵短歌】ひさかたの

CATEGORY絵短歌
イラスト 短歌 絵 ひさかたの光に窓を開け放ち青くさざめく命を聞いた



ご笑覧ありがとうございます。

昨日は数十分おきにスマホが警報だのの情報をぴろんぴろん鳴らすので、不安な一夜を過ごしました川近くに住む奈良県民、ハザードマップを確認し、近所の親戚にも相談し、大丈夫だろうということで、避難勧告が出ましたが避難せず、結果何もなく(風も全然たいしたことなかった)朝を迎えました。ありがたや。
川も氾濫はしませんでした。

台風が去ってからも曇っていた天気が午後からよくなってきたので、日差しに誘われ川を見に行ったら、かつて目にしたことのない水量と濁流で思わず声が出ました。
その川は昔、室戸台風のときに氾濫したため堤防を大きく整備したらしいのですが、それが功を奏したとありありと分かるような状態でした。やーほんと、そういうインフラ対策は大事だなと実感しました。

それにしても、ここのところずっと雨かくもりだったので、久々に青空を見たときは心が歓喜に沸き立ちました。日焼け止め塗らずに日光をさんさんと浴びちゃうくらいには。
というわけで、本日は喜びを表した絵短歌です。




tag: 絵短歌  植物   

0 Comments

Leave a comment