うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

28
2017

【絵短歌】書き納め

CATEGORY絵短歌
イラスト 短歌 絵 最初から全部この手に抱いていた永久無限の光でさえも



今回で今年は書き納めということで、久々に絵短歌にしました。時間的事情でラフ画です。


今年は年明けから働く意欲に溢れたはいいものの、色々合わない職場で心身ともに痛い思いをする災難に見舞われましたが、その後はふたつほど大きな幸運があり、総じて良い一年となりました。

ひとつは、5月に撮った義理の姪の写真をある写真コンテストに応募したら入賞したこと。
写真業界について無知なのでコンテストのレベルをあまり分かっていなかったのですが、国内ではそこそこの規模のものだったようで、賞状と盾と最新のコンパクトカメラと4万円をいただきました。
賞金も非常にありがたかったのですが、何より写真を撮ったときに「これコンテストいけるんじゃないか」と思った自分の感性を認められたことが一番嬉しかったです。

もうひとつは、11月になって良いバイト先とご縁があったこと。
前述のパートの仕事をすぐに辞めた後もしばらく求職活動をしたのですが、応募してもデキレースっぽかったり、良さそうな職場だと思っても周りに訊いたら評判が悪かったりが続いたので、今はそのタイミングではなさそうだと開き直り、秋くらいまで求人情報見るのもやめていました。
でもそろそろ働かねば老後が危険だと不安がぶり返し、また求人情報を見始めた矢先に、棚ボタ式に訪れたご縁でした。
まだ慣れない部分が多いのでしんどさはありますが、楽しく働きながらなじんでいけたらと思います。

ふり返ってみると、今年は願ったことがわりと叶ったような気がします。
上記以外にも、つい最近みりんがきれたので欲しいなと思っていたところ、職場でなんだか高そうな貰い物のみりんをいただいたりとか。
願えば叶うのであれば、来年も貪欲にいきたいものです。

では今年はこの辺で・・・皆様もよいお年をお迎えください。
ご笑覧いただきどうもありがとうございました。


tag: 絵短歌  人物 

0 Comments

Leave a comment