心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、短歌、イラスト、写真、駄文などで綴っていきます。
前の記事 ホーム 次の記事

天気予報

2018年11月20日21:39  カテゴリ:フォト短歌
259-曇りのち



ご笑覧ありがとうございます。

今月忙しくて更新頻度がますます減ってしまってますが、マイペースに、たとえ月に一度になっても継続はしていきたい所存です。

最近は天気予報の精度がよくて、子供の頃は当たらぬも八卦みたいな占い的なレベルだったと記憶してるのですが、科学の進歩はすごいものです。
でも先日、職場の朝礼でその日の天気の話になり、5人中3人はこれから崩れるみたいだと言い、私ともうひとりは曇りのち晴れという予報を見ており、まっぷたつに分かれて「おや?」となりました。
私は、天気予報はスマホにアプリが入っているヤフーとウェザーニュースの両方でチェックしているのに雨になるという情報は得られなかったので、そういうこともあるのかとちょっとびっくりしました。
で、結果がどうだったかと言えば、雨らしい雨は降らず、私の知る限りずっと曇りという・・・もしかしたら夕食を作っている時間帯とかに降っていた可能性はありますが。
私の住んでいる市は範囲が広く山も多いので、天気予報もひとくくりにはできないのではないかと思った次第です。


前の記事 ホーム 次の記事