うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

15
2016

【絵短歌】恋の願い

CATEGORY絵短歌
アメジスト

これはたしか、ぶどうジュースを飲んでいたときに出来た歌です。
なんとなく、当時一人暮らしをしていた部屋の薄暗い雰囲気を思い出します。
あんまりぶどうジュース好きじゃないのに、どうして飲んでいたのかは覚えていません。

私は日記というものが書けないので、代わりに吐き出したいことを短歌にしてみたりするのですが、この歌と同時期に作った短歌はどれもなんだか悩んでいて、「暗っ」と思うのが多いです。
ちなみに日記を書けない理由は、自分しか読まないものをどういう文体で書けばいいのかわからないから。
書こうとしたことはあるのですが、独り言をそのまま文字にして万が一誰かに見られてもいやだし、かといって人に見せるの前提で書くのも変だし、とか考えてたら面倒くさくなったので書くのをやめました。
中学くらいまでは宿題で日記を書くことが多かったし、高校時代から大学時代は、友達に手紙を書いて渡し損ねたものが日記のようなものだったので、基本的に誰か読む人がいないと書けなくなってしまったのでしょう。
なので、短歌を作るようになってからは、それが日記代わりになりました。読み返せば、なんとなく詠んだ時の情景とか心情とかを思い出します。たまーに、「これは何のことだっけ?」と、まったく思い出せない、作ったことすら覚えていないものもありますが。

 ここまで昔の作品が続いたので、次は最近のものを出したいと思います。


tag: 絵短歌  恋愛 

0 Comments

Leave a comment