うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

19
2016

【絵短歌】青い世界

CATEGORY絵短歌
イラスト 短歌 絵 夏休み彩度の高い世界にて風の音色の青さに怯む  

眼鏡を新調したのですが、ブルーライトを何十%かカットしてくれるレンズにしたところ、世界が黄色のフィルターをかけたように見えるようになりまして。
それで眼鏡を外して外を見てみると、不自然に感じるくらい、青い。
ちょっとビビりました。
まあ、眼鏡を新しくしたのはこの短歌を作ったあとなので、べつにそのことを詠んだわけではないんですけどね。


夏休みといえば、中学1年のときに、数学の課題で1日10問の計算問題が10日分、計100問出されたのですが、数学が苦手なわたしはそれを真っ先に片づけようと、夏休み初日に全部終わらせたことがあります。
で、夏休み後の数学の授業で小テストをやらされたのですが、その後40日近くまったく数学に触れていなかったせいか、すっかり解き方を忘れてしまって青ざめたという思い出が。

当時はまだ自分が、図書館で借りた本を半分以上読んで、「あ、これ前にも借りたわ」と気づくような人間だということを自覚していなかったので、思わぬ落とし穴にはまった気分でした。
なにごとも、過ぎたるは及ばざるがごとしだなぁ。

では、よい夏を。


tag: 絵短歌      動物  残念 

0 Comments

Leave a comment