うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

20
2016

【絵短歌】記憶と音楽

CATEGORY絵短歌
イラスト 短歌 絵 ふと耳に触れて心にまで響くこれはあの時聞いたあの歌


ご笑覧ありがとうございます。
来世の目標は、猫に生まれ変わることです。

においと記憶が密接に関係しているというのは、折りに触れ実感するのですが、音楽もまた、その曲を聞くとある記憶がまざまざとよみがえってくるということがあります。

初めて勤めた職場では、部屋にラジカセがあり、1日中同じラジオ局の番組を流していました。
そのラジオ局では、月替わりの「今月のヘヴィーローテーション」を日に何度となく流すため、その曲を耳にすると、あの時感じていた部屋の空気を思い出します。

最初はとにかくしんどくて、毎日、「朝行ったら社屋だけ地盤沈下で沈んでくれてたらいいのに」とか思いながら通勤していました。
仕事や環境に慣れて、そこまでいやではなくなった時期のヘビロテ曲はほとんど覚えていませんが、辛かった頃にアホほど耳にしていた曲は、今でもよく覚えています。
けど、今はもうそれを聞いてもげんなりするような気分にはならないので、年をとるのも悪いことではないなあと思います。 


あ、でも中学校の掃除の時間に流れていたT-SQUAREの「TRUTH」を聞くと、いまだに「掃除しなきゃ」って気分に一瞬なるかも。
子供の頃の刷り込みの方が強烈なのかもしれません。


tag: 絵短歌  人物 

0 Comments

Leave a comment