うたかたの歌

心を過ぎゆく思いだったり日常のあれこれを、絵短歌orフォト短歌&駄文で綴っています。

09
2016

【絵短歌】冬の庭

CATEGORY絵短歌
イラスト 短歌 絵 上弦の月は光を滲ませて魂のごと雲に溶けゆく


ご笑覧ありがとうございます。

本日の作品に描いたのは、我が家で育てているチョウマメです。
もう花は終わり、今は豆ができているのですが、夫が種を取りたいというので、食べられるらしい未熟な豆を収穫せずに放置しています。

どうやら夫は植物の種子を植えるのが好きらしく、この前は出かけた先でどんぐりを拾って帰ってきました。
賃貸アパートのどこに植えるつもりなのでしょうか。

そう思い尋ねたところ、鉢植えにするとのこと。
鉢植えか・・・いやいいんですけども、今、すでにある鉢植えの木の枝に、実はカエルが刺さっておりまして。
モズのはやにえというやつだと思うのですが、きれいな形で干物になっているのです。
これ、あとで食べに来るならいいけど、たぶん来ない気がする・・・


ところでつい最近、「GreenSnap」という、有名なのかわかりませんが植物専門のInstagramみたいなSNSを見つけました。植中毒な人々ばかりなので、描画&撮影専門の私はやや場違いな気もしつつ、ぼちぼちと投稿しております。
まだ投稿数はわずかですが、右側のプロフィール欄にリンクを貼ったので、よろしかったら覗いてみてください。(プロフィール欄のリンクは私のページに直接飛びます。)
どうぞよろしくお願いします。


tag: 絵短歌  植物     

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/10 (Thu) 12:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment